⇧ スライドするとカテゴリーがご覧いただけけます ⇧

【忘れたい過去】罪悪感に押しつぶされそう!バレる恐怖と死にそうな気分がつきまとうなら

忘れたい過去はありますか。罪悪感に押しつぶされそうな苦しみを、もし今も味わっているのなら、そろそろ違う生き方をしてみませんか。

過去の過ちがフラッシュバックしたり、バレるのが怖いとおびえることもあるでしょう。とりわけ誰かを傷つけた過去がある場合、後悔しきれない日々を過ごしているかもしれません。

過去の過ちは許されないのでしょうか、罪を償う方法はどうしたらみつかるのでしょうか。自分はもう幸せになれないなんて決めつけずに、ご一緒に考えてみませんか。

内容

  1. 忘れたい過去の罪悪感とは
  2. バレることを怖れる弊害
  3. 罪の償い
  4. 罪悪感に支配されない生き方

\聞いてもらうと楽になる/

罪悪感に押しつぶされそうになる苦しみ

過去の過ちは許されないのか

「過去の過ちは許されないのか?」という問いに対する答えは、既にあなたの心の中にあるのではないでしょうか。だからこそ、罪悪感に押しつぶされそうになっているのかもしれません。本記事を読んでくださる方の中には、絶望の中に長く身を置いてきた方もいらっしゃるでしょう。

しかし、それはこう言い換えることもできます。自分に良心があるからこそ罪悪感で苦しむのです。これからの人生を、良心に基づいて生きるのと、罪悪感に支配されて生きるのとでは、全く違うものになることをどうか知っていただきたいと思います。

忘れたい過去の過ち!バレるのが怖い

忘れたい気持ち

人は誰しも過ちを犯します。しかし、忘れたい過去の過ちが、いつか誰かにバレるのではないかという恐怖は、心の平穏を乱し、日常生活に影響を及ぼしてしまいます。特に、何かを隠し続けることは精神的な負担となりますので、常日頃からずっとストレスや不安を抱えてしまうことになります。

忘れたい過去が、どの程度、人に知られているのかによっても違いはありますが、何よりも自分自身を責め続ける苦しみは、逃れようのない耐え難い苦しみとなっているものです。このような気持ちは、自己評価を低下させ、自信を喪失させ、自己卑下にとつながっているかもしれません。

しかし、過去の過ちは過去のものであり、私たちが成長するための一部なのです。過ちを無かったことにして生きていこうとは言えません。ですが、何よりも大切なのことは、自分の過去の過ちを受け入れ、未来に向けてどう生きるかを考えることです。

バレることを恐れる気持ちは自然なことです。しかし、その恐怖に囚われず、未来を見据えて努力を続けることで、あなたを支え、あなたの痛みにも寄り添ってくれる人々とつながることができるでしょう。

 


\TVで紹介されたメンタルケア/


過去の過ちがフラッシュバックする

過去は戻せない

ふとした時に、過去の過ちが突然思い出されることがあります。これはフラッシュバックと呼ばれ、心理的なトラウマに由来することが多いです。自分の意思とは関係なく、思い出したくないのに思い出されてしまうのです。

フラッシュバックは、まるでその時に戻ったかのように心が揺さぶられ、その度に罪悪感が増幅され、現在の生活に悪影響を及ぼしてしまいます。

これを乗り越えるためには、自分と向き合うことが必要です。場合によっては、専門家の助けを借りて、トラウマを乗り越える方法を学ぶことも検討してみるとよいでしょう。


\医師監修のオンラインカウンセリング/


過去の過ちで誰かを傷つけた後悔

他人を傷つけたことに対する後悔は、罪悪感の中でも最も重いものの一つでしょう。言葉や行動が相手にどれほどの影響を与えたのかを思い出し、その結果に苦しむ日々が続くのです。人を傷つけたという事実は、自分自身に対する厳しい批判となり、後悔しても後悔しきれず、自己嫌悪に陥りやすいのです。

自己評価が低下すると、他者との関係にも影響が出てきます。何かのきっかけで心が前向きになっても、すぐに「どうせ自分なんか」といった自己否定の言葉が浮かんでしまうこともあるでしょう。

しかし、後悔を、未来を変えるための貴重な教訓にすることは可能です。過去の過ちを糧にして、自分自身を成長させることで、必ず未来は変えていけます。

罪悪感に押しつぶされそうな人【対処法】

過去に縛られる

過去の過ちへの罪悪感【スピリチュアル】

罪悪感に押しつぶされそうな苦しみを味わった人なら、心のどこかで神仏の存在を考えたことがあるでしょう。神仏という言葉がなじまなければ、大宇宙、おてんとう様、天の摂理、ハイアーセルフなど、どのような言葉でも構いません。

過去の過ちを見透かされているような感覚を何度も経験されたのではないでしょうか。自分の過去の過ちを、心の中で白日の下に晒す力を持っているのは、他ならぬあなた自身の良心です。その良心とは、神仏、大宇宙、おてんとう様、天の摂理、ハイアーセルフなどから授けられた普遍的な善悪の基準なのです。

誰から教わったわけでもなく、あなたの心の中に備わっている善悪の概念。それは天からあなたに与えられた素晴らしい宝物です。その宝物を使って、自分をより素晴らしい人間に育てていくことができることを、どうぞ心にとめてください。過去の過ちを乗り越え、自己成長の糧にすることで、きっと前向きな未来が開けるでしょう。自分を攻撃し続けて自らの力を削いでしまうのは、決して「良心」が望んでいる事ではありません。

過去の罪を償う方法はあるのか

過去の過ちを償う方法は、多岐にわたります。直接謝罪することができる場合は、誠実に謝ることが最善です。しかし、謝罪が難しい場合や相手がどこにいるのか分からない場合、間接的に償う方法を見つけてみて下さい。

社会に対して善行を積むことや他者を助けることを心がけることで、自分自身を成長させることができます。このような行動は、誰かの幸せにつながる行為だというだけでなく、あなた自身の心を癒す手段でもあります。あなたの努力は必ず報われると信じて、気長に取り組むことを心がけてみてください。


\寄り添ってくれるから安心/

努力してもなかなか手ごたえが得られず挫折することもあるかもしれません。けれど、挫折は何度してもよいのです。何度でもまた気を取り直して「よし、また今から、誰かの幸せにつながるような生き方をしよう」と思い直せばいいのです。なかなかそう思えずブランクが生じても構いません。また思い出したらチャレンジしてみる、それでよいのです。

そうして何度も何度も繰り返していく中で、あなたがあなた自身の力で、罪悪感という心の曇りを、人生の教訓として磨き上げている日が訪れる事でしょう。

 

スピリチュアルアドバイス


徳を積む生き方を心がけてみませんか。自分は善い事(よいこと)をしている、積み重ねている、そう思えることが、自己肯定感を高め自信となっていくからです。


過去の過ちを反省することはとても大切です。ただ罪悪感に押しつぶされそうになっているとしたら、それは反省ではなく自分を攻撃しているだけなのです。そんなときは善行を積むことに専念することをおすすめします。自分を粗末にしない心構えができてきた頃、正しい反省もできるようになるでしょう。

\関連記事はこちらです/
【徳を積む】現実効果とスピリチュアルな意味(カルマ・オーラ・生き方)

過去の過ちで幸せになれないのは本当か

過去に過ちがあると幸せになれないと感じている人は多いですが、それは真実とは言えません。心理学的には、過去の過ちを受け入れ、それを乗り越えることで、より強く、より賢明な自分になることができるとされています。例えば、自己成長と自己改善を目指すとき、幸福感は間違いなくもたらされます。

過去の過ちで、社会的ダメージを受け、いわゆる人並みの幸福を描けそうにない人もいるかもしれません。しかし、「幸福感」はたった今から、自分次第で手に入れることができるのです。

もし今も罪悪感に押しつぶされそうになっているなら、自分自身を責めることをやめ、過去の過ちから学び、前向きに生きる方法を見つけることが何よりも大切です。誰しもが過ちを犯しますが、それをどう乗り越えるかに、その人の真価が問われているのです。

 

スピリチュアルアドバイス


カルマの法則という言葉を聞いたことはあるでしょうか。これは、私たちが行った行動がいつか自分に返ってくるという考え方です。過去のあやまちはあやまちとして償うことも大切ですが、今から善行を積み重ねることで、未来の自分にポジティブな影響をもたらすことができます。罪悪感におびえて過ごしていては善行も積めません。善の種をまけば善の実りも必ず本人にもたらされるのです。

\医師監修のオンラインカウンセリング/

【まとめ】罪悪感に押しつぶされそう

罪悪感に押しつぶされそうなとき、過去の過ちに囚われ続けることは、あなたの心と体に重い負担をかけます。しかし、その罪悪感を乗り越えるためには、過去の過ちを受け入れ、それを教訓として未来に活かすこと、自分自身を許し、成長の機会とすることが重要です。

  • 過去の過ちがフラッシュバックし、罪悪感に押しつぶされそうになる
  • 過去の過ちがバレることを恐れ、心の平穏が乱される
  • 罪悪感が自己評価の低下や自己卑下を引き起こす
  • 過去の過ちを成長の一部と捉え、未来に向けて生き方を考える
  • フラッシュバックには自分と向き合い、専門家の助けを借りることも必要
  • 他人を傷つけた後悔は、成長のための教訓とする
  • 良心に基づいて生きることは、罪悪感に支配される生き方とは全く違う
  • 神仏や大宇宙の存在を考え、罪悪感を良心に基づく行動と捉える
  • 謝罪ができない場合、善行を積むことを心がける
  • 善行を積むことで未来にポジティブな影響を与え、罪悪感を軽減する

 

スピリチュアルな視点や心理学的なアプローチを通じて、自分自身と向き合い、罪悪感から解放されるための道を見つけてください。善行を行うことで、自己肯定感を高め、自分の成長を実感することができるでしょう。

全宇宙で、あなたはたった一人の貴重な存在。どうぞ大切にしてあげて下さい。あなたの幸せを心から祈っています。

 

関連記事

[adcode]この記事では「徳を積む」ことについて①カルマやオーラなど、スピリチュアルな観点からの解説②現実的な効果や生き方についての解説この二面からご説明します。 徳を積むと実際どうなるので[…]

関連記事

[adcode]「悪いことをしたら、天からバチが当たる」これはカルマの法則の一面を端的に表しているといえるでしょう。\そもそもカルマって何?/【カルマとは】かん[…]


\医師監修のオンラインカウンセリング/


>来世にも、つづく幸せ

来世にも、つづく幸せ

もし「死後の世界」や「来世」があるとしたら…。
「死んだらおしまい」ではない人生を描いてみると
もっと深い、もっと確かな幸せがみつかりそうです。