⇧ スライドするとカテゴリーがご覧いただけけます ⇧

人間関係の「引き寄せの法則」すぐわかるカンタン解説!磨いて輝く魂の関係【基礎情報】

人と人との関係には、
不思議な「引き寄せの法則」が働きます。

引き寄せは
大きくは二つの種類があります。

 

似ている人どうしが、引き寄せ合う。
反対の性質を持つ人どうしが、引き寄せ合う。

このどちらかで、
引き寄せ合うことが多いのです。

具体的に見ていきましょう。

目次はクリックしてご覧いただけます。

【似た者どうしの関係】の例

【似た者どうし関係】の場合、人と人は、
たとえばこんな風に引き寄せ合います。

 

強欲な人と、強欲な人
気分が沈みがちな人と、気分が沈みがちな人
優しい人と、優しい人
志のある人と、志のある人
ご本人たちは
案外気がついてないこともありますが
はたからはよくわかるという場合も多いです。

 

似た者どうしは、相手の姿を通して、自分を知ることができます。

 

たとえば
猫好きな人、犬好きな人など、

当事者にとっては
ひとくくりにされるのは
あまりいい気分がしないものですが

確かに傾向はありますよね。
一人一人の個性とは別に
どこか共通点がある、
そんな「引き寄せ」は
仲間や、企業風土、地域性などとして
よくみかけるはずです。

 

自分がどんな人物なのかを知るには、自分をとりまく人間関係の傾向をつかむとわかります。

 

もし望んでいない人間関係なら
自分が変わることで、新しい「似た者どうし」を、引き寄せることができます。

【正反対の者どうしの関係】の

人間関係の「引き寄せの法則」、

もう一つは、【正反対の者どうしの関係】です。

 

自分とは反対の性質を持つ人が
学び合ったり、補完し合ったり。

そんな関係で引き寄せ合います。

 

誰かに依存したい人と、誰かを支配したい人
被害者意識の強い人と、攻撃性の強い人
感情的な人と、理性的な人
リーダータイプの人と、補佐タイプの人

 

ちゃんと意味のある関係となっているのが
不思議です。

人はお互いに砥石(といし)となる

砥石(といし)とは、
金属や岩石などを磨くための石です。

 

宝石も、磨かれるからこそ、光り輝いています。

 

人はお互いを砥石として、
自分を磨いていくのです。

 

【似た者どうしの関係】
【正反対の者どうしの関係】

お互いの魂を磨くための関係です。

 

磨くというのは、けずること。人間の体で考えると、かなり痛いことです。

 

私たちが、けずられたら、
皮も肉もえぐれてしまうかもしれません。
血も涙も流れるでしょう。
でも磨かれる。
そうして光り輝いていくのです。

 

砥石(といし)で磨くと、光り輝く。
イヤな存在の人なのに
なぜかついてまわることが多い関係なら、
まさに磨くための砥石となる相手です。

 

この関係から何を学ぶべきなのか、なぜ身を削る思いまでして磨かれるのか、ここに気が付くことが大切。

 

ここに気が付くまで
同じような相手を
引き寄せることになります。

引き寄せは、この世とあの世との間でも

この引き寄せは、
この世と、あの世との間でも
生じています。

 

人の魂どうしは、あの世とこの世の間でも引き寄せあう

 

亡くなっている魂と、
生きている私たちが
「引き寄せあう」と、

「霊障」が起きたり、
「祟り」が生じることがあるのです。

生きている人の強い思いを「引き寄せる」と
それは「生霊」と呼ばれます。

 

両者に「引き寄せあう」ものが無ければ
難しい事にはなることは
まずありません。

自分がどんな引き寄せをしてしまったのか
これを考えることが大切です。


気が付くころには

光も見えてくるはずです。

 

\関連記事はクリックして下さい/

関連記事

[adcode]今までうまくいっていた人間関係に、違和感を感じるようになる。大切な友人や、共に汗を流した仕事仲間との間ですら、そうした違和感は生じます。なぜ波長が合わなくなってしまうのか、スピリチュアルな観点からご説明し[…]

関連記事

[adcode]今回は「嫌いな人との付き合い方」について取り上げます。嫌いな人を遠ざけたいときのおまじない「嫌いな人の幸せを祈る」言葉は効果絶大です。 ボク是非、試してみ[…]

関連記事

[adcode]幸せになりたい!引き寄せの法則って、どうすればいい?感謝が大切ってどういうこと?[afTag id=2243] わかるようでわからない引き寄せの法則。難しいところはさてお[…]

>来世にも、つづく幸せ

来世にも、つづく幸せ

もし「死後の世界」や「来世」があるとしたら…。
「死んだらおしまい」ではない人生を描いてみると
もっと深い、もっと確かな幸せがみつかりそうです。