⇧ スライドするとカテゴリーがご覧いただけけます ⇧

【ナポレオン】生まれた島・奥さん・身長・島流し・死因|映画がもっと楽しめる素朴な疑問と見どころ【ジョゼフィーヌ】

上のナポレオンの肖像画はwikipediaからの引用

今世紀最大級の
スペクタクル超大作とうたわれる
映画「ナポレオン」
観てきました。

 

評判通りすばらしい超大作でした!
観てよかったと実感しています。

 

 

引用:映画『ナポレオン』オフィシャルサイト | ソニー・ピクチャーズ

 

ナポレオンに関する
「素朴な疑問」
をまとめてみました。

 

映画をもっと楽しむ
ご参考になれば嬉しいです。

(ネタバレはありません)

目次はクリックしてご覧下さい。

ナポレオンとは

ナポレオンを簡単に説明すると?

フランス革命時には軍人。のちに皇帝となったフランスの英雄。

フランス革命の混乱期に軍事指揮官としての優れた能力が認められ、一時期はヨーロッパの大半を征服しました。もともと防衛的に行われていた戦争が、いつしか侵略戦争となっていったのは、ナポレオンという天才の政治的軍事力によるところは大きいでしょう。

 

ボク
ナポレオンは強い英雄というイメージだよね。
パール
勝った国から見ればそうなりますが、敗戦国からは全く違う見方もあるでしょう。
ボク
パリの凱旋門は、ナポレオンが率いたフランス軍の勝利をたたえたものだね。

ナポレオン・ボナパルト
Napoléon Bonaparte
ナポレオン1世


1769年8月15日 ~1821年5月5日(51歳没)

在位(フランス第一帝政の皇帝)
1804年5月18日 – 1814年4月11日
1815年3月20日 – 1815年6月22日

ボク
次は、身長や、生まれた島、奥さんのことなど説明するよ。

ナポレオンの身長は

ナポレオンは小男のイメージがありますが

168センチ、もしくは169センチだったと言われています。

当時のフランス人男性の平均身長は、164センチだったそうですから、小男というイメージには、あてはまらなさそうですね。

 

ナポレオンの生まれた島

ナポレオンは、いつどこで生まれたのですか?
1769年、コルシカ島(イタリア半島の西、地中海の島)の生まれです。
コルシカ島は、フランス領で、コルス島ともよばれています。
引用元:wikipedia

 

ボク
ナポレオン生誕の島として、観光で人気の島だよ。
パール
古代ギリシャ語「Kalliste」は、最も美しい地という意味です。観てみたいですね。

 

ナポレオンが経験した島流しと、死因

最後は島流しで死んだそうですが、死因は?

最期はイギリスに負けてつかまり、戦犯としてイギリス領のセントヘレナ島へ流刑されます。

死因は、胃がん、もしくは胃潰瘍だったと言われています。

セントヘレナ島は、南大西洋に浮かぶ孤島で、ヨーロッパから遠く離れています。ここでナポレオンは生涯を終えることとなりました。


いかにフランスから離れた孤島なのかが、
よくわかります。
引用元:wikipedia
ナポレオンは2度、島流しにあったそうですが

1回目は、プロイセン・オーストリアなどの連合軍に敗北し、 ナポレオンは 皇帝を退位し、エルバ島へ流刑されました。

エルバ島を脱出しパリに戻ったナポレオンは復位します。

 

ボク
この島流しのことも「映画ナポレオン」でちゃんと再現しているんだって。脱出するシーンも。
⇩一回目の島流しはエルバ島
引用元:wikipedia

奥さんはジョゼフィーヌ

ナポレオンはジョゼフィーヌを愛した事でも知られていますね

ジョゼフィーヌの出自は、貴族と言っても困窮していたと言われています。

フランス革命の頃、政治家の愛人となり、その後、ナポレオンに見初められ結婚しました。

下の絵画は、ナポレオンの戴冠式です。皇帝となったナポレオンが、妻であるジョゼフィーヌに冠を授けています。ジョゼフィーヌはこうして皇后となったのです。

 

ボク
⇩ 映画ではこのシーンも再現されてるんだよ。
パール
他にも、ナポレオンの名画を彷彿とさせるシーンがいくつかありました。

引用元:ウイキペディア

 

パール
是非、大スクリーンでみていただきたい映画です。
ボク
ナポレオン、この映画では、これまで知られている人物像とずいぶん違ってるんでしょ。
パール
そうなの、そこが見どころですね。次の項目でご説明しますね。

映画「ナポレオン」はどんな人におすすめ?

映画「ナポレオン」をおすすめしたい人は?

重厚な大作映画が好きな方におすすめです。

特に次のような方におすすめします。

おすすめ①
歴史的人物に関心がある方


よく知られている歴史的英雄「ナポレオン」ではなく、一人の人間として、その内面がよく描かれていました。傲慢、自信家、野心的、強靭という、これまでのナポレオンのイメージとは一線を画します。
主演のホアキン・フェニックスの押さえた演技は、日本人にも響くものがありそうです。
誰もが人生で味わう、葛藤や、チャンスへの期待、失意、過去への執着なども描かれています。

 

ボク
いけいけどんどんのヒーローじゃないんだ⁈
パール
気弱で神経を病んでしまいそうな一面、緻密な戦略家、大胆不敵な実行力、恋心をコントロールしきれない様子、信念のために犠牲をいとわない冷徹さなど、誰もがどこかで共感せずにはいられない、多角的な描き方でした。

 

おすすめ②
歴史好きの方


18世紀末からの、フランス、イギリス、ロシアの歴史がわかります。この時代は、大量の資料が残っており、それを踏まえているので、リアリティがあります。「撮影カメラ11台、8000人を超えるエキストラによるヨーロッパロケ」とあり、迫力満点です。

 

 

ボク
戦闘シーンって、残虐そうだなあ
パール
映画グラディエーターなどと比べると、戦いそのものに力点が置かれてないので、意外と残虐ではないです。むしろ当時の戦術、陣を組んだり、奇襲をかけたりする様子などを、大人数のエキストラでビジュアル化されていて、興味深かったです。史実に基づいていることがうかがえました。
ボク
一旦始まってしまった戦争は、個人の力では制御できなくなってしまう、そんなところもよく伝わってくる作品みたいだね。
\映画情報は下記をクリック/

 

>来世にも、つづく幸せ

来世にも、つづく幸せ

もし「死後の世界」や「来世」があるとしたら…。
「死んだらおしまい」ではない人生を描いてみると
もっと深い、もっと確かな幸せがみつかりそうです。