⇧ スライドするとカテゴリーがご覧いただけけます ⇧

雪道の歩き方・靴の選び方・家にあるもので滑り止め・危険な時間と場所【雪国出身者のおすすめ】

雪予報が出たら、

ちょっと
気が重くなってしまうものです。

雪道は危険がいっぱい、
配慮することはたくさんあります。

雪国出身者の筆者が
経験的に身に着けてきたノウハウを
ご紹介します。

 

記事内容

  1. 滑らない雪道の歩き方
  2. 手持ちの靴ならどれがいいか
  3. 危ない時間と場所
  4. 開運アドバイス
筆者からのご挨拶(クリックして下さい)
こんにちは。「パール」です。


【経験】人材育成業・産業カウンセラー・ナレーター(恩師|お茶の水博士・ベルクカッツェ)・地方局ニュースキャスター・女性組織運営・認知症や身障家族(計5人)との暮らし・生家倒産・シンママ・再婚家庭・議員の妻・孫5人


「相談相手」になる事が多い人生でした。見聞きしてきた苦労話や私自身の経験談などを踏まえて、幸せのヒントを、スピリチュアルなテイストを添えて書いています。

雪国の故郷を離れ、子や孫のいる関東に、シニアになって転居しました。どうぞ末永くお付き合いください。

目次はクリックしてご覧下さい。

滑らない雪道の歩き方はペンギンよりアシモ

ペンギンより、
人型ロボットアシモ(ASIMO)のように歩く

引用元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

歩くときのポイントは次の2点です。

靴底全体で、ぺたぺた歩く

路面に、靴底全体で
ペタペタと、
スタンプを押すようにして歩きましょう。

後ろに蹴るような歩き方
すべる原因になります。

 

歩幅は小さく、ひざを伸ばし切らない

やや腰を落として歩きましょう。

ひざの後ろを伸ばし切らず
重心をやや前に置くことがポイントです。

 

歩幅を小さくしても
ひざを伸ばして歩くと
転倒しやすいです。

 

 

ボク
人型ロボット「アシモ(ASIMO)」の歩き方、思い出せたかな。

 

 

靴の選び方/手持ちの靴ならどれがいいか

雪予報を聞いてから
雪道に適したはきものを買いに行く余裕は
なかなかないものです。

手持ちの履物の中から
一番安全そうなものを選ぶために
次のポイントを確認してください。

 

靴底が広いもの
靴底がツルツルではないもの
ギザギザの溝がたくさんあるもの

 

ボク
安全第一に考えるなら、靴底選びが一番大切だね。
パール
防水がきいていても、靴底がツルツルのものはとても危険です。注意しましょう。

おすすめの雪靴や雪用アイテム

雪国仕様のはきもの

おすすめは雪国仕様のはきものです。

雪国仕様の靴とは
滑りにくく
水がしみない履き物のこと

 

スノースパイク

いわゆるかんじきです。

雪深い地域に出張するときなどに
一つあると便利でしょう。

ボク
雪のないところでは、かえって滑る恐れもあるので気を付けてね。

雪をザクザク踏んで歩くためのものですので、
路面が凍っているだけの場合は、
底についているスパイクが滑る恐れがあります。

 

何もない時の応急処置

突然の雪での応急処置として

株式会社ウェザーニューズさんの
おすすめをご紹介します。

box4

細いゴムよりも太いゴムの方がグリップ力が増す

box3

靴に、ゴムをかけたり、
バンドエイドを貼ることが
推奨されています。

水がしみる履き物しかない場合

実際、都内では

雪が数センチ積もっていても

普段と同じ履き物の人を多く見かけます。

 

手持ちのはきものの中から

滑らなさそうな靴底で選んだら、
スニーカーや革靴など
所詮、水がしみ込むものしかない!

という場合が多いのです。

 

そんな場合は、

「替えソックス」など持ち歩き、
出かけた先で履き替えましょう。
濡れたものを入れるビニール袋もどうぞ。

 

濡れた足で数十分も寒空を歩くと
しもやけになる恐れは大です。

しかも、その後、暖かいところに行くと
かぐわしい香りを
放つことになる恐れもあります。

 

5センチ程度までの積雪なら、

①滑らない靴底(ギザギザの溝などがある)
②ハイヒールは危険!
③できるだけ水をはじく素材

 

 

ボク
雪の多い地方では、ヒールがあるブーツでザクザク刺すようにして歩く人も見かけるけど、あれは靴底がちゃんとギザビザになっている雪国仕様のものだよ。
パール
靴底が狭く、つるつるのものは大変危険です。

手袋は水がしみないタイプを

手袋は、
少しでも水をはじくタイプの物がよいでしょう。手で雪をよけながら
歩かざるをえないこともありますし

万が一転倒したときも
手を安全に暖かく守るために
手袋はおすすめです。
ニットタイプの手袋ですと
雪がからみついたり
中まで水分がしみ込んで冷えます。

片手はあけておきましょう

荷物はリュックなどで背負うなどして
片手は常にあけておきましょう。

転倒したとき、
頭を強く打つことが一番危険です。

できれば両手、
少なくとも片手は
必ずあけるようにしておきたいものです。

危ない時間と場所

注意が必要な危ない時間と場所は
次の通りです。

 

早朝は特に危険
水をまいた店先など
踏み固められたところ
溝や穴、段差があるかもしれないところ
ボク
詳しくみていくよ。

早朝は特に危険

夜間の冷え込みで路面が
思っている以上に
凍っていることがあります。

 

特に、雪が降ったあと、
一度溶けてから凍ると
スケートリンクのようにツルツルです。

 

ボク
出勤や移動は早めを心がけて、時間に余裕をもってね。

 

水をまいた店先など

ボク
お店や会社の前だけでも、雪をとかそうと、水をまく人がいると危険だよ。
パール
雪国では、雪をとかすために暖かい地下水を使っていることが多いんです。水道水は凍るので危険です。

 

ボク
それと、タイル貼りの路面はとっても滑りやすいよ!気を付けて。

 

日陰や、風の通り道などは
日中でも凍っていることがあります。

踏み固められたところ

踏み固められたところが
凍ってしまう事も多いのです。

 

人の往来が多くて踏み固められたところ
歩道から、横断歩道にでるところ。
地下鉄やお店の出入り口。
バスやタクシー乗り場。
地下鉄など駅の出入り口。

 

車が通って踏み固められたところ

車道は車で雪がガチガチに押しつぶされ
ツルツルです。

歩道の白い線は凍りやすいので要注意。

 

車道を渡るときは、
決して小走りすることがないよう、

ゆっくり歩きましょう。

 

ボク
雪国では、車道はツルツルではなく、凸凹になっていることも多いんだよ。
パール
凸凹の一つひとつがツルツルに凍ることも珍しくないですね。

溝や穴、段差があるかもしれないところ

道路や歩道の端、切れ目など
溝や穴、段差があるかもしれない
疑って注意して歩きましょう。

雪国では、
側溝やマンホールすら見えなくなり
段差でケガをすることもあります。

 

ボク
最後に開運アドバイスもあるよ

開運アドバイス

雪は、風水で、浄化や再生を表します。

雪の日は
気持ちが内向きになりやすいものですが

内側からも浄化されるタイミングと思って
心穏やかにお過ごしになる事をおすすめします。

怒りや、憎しみ、罪悪感など
ネガティブなものを
雪は、清めてくれると言われています。

 

どうぞくれぐれも安全に気を付けて
素敵な雪の日をお過ごしください。

 

\暮らしの関連情報はこちらもどうぞ/

関連記事

[adcode]お金をかけずに心がけだけでできる「若さを保つ方法」を取り上げてみました。簡単にすぐ始められるので男性の方にもおすすめです。 スピリチュアルな観点から「若さを保つ方法」を3[…]

\同カテゴリー記事はこの下にあります/

 

>来世にも、つづく幸せ

来世にも、つづく幸せ

もし「死後の世界」や「来世」があるとしたら…。
「死んだらおしまい」ではない人生を描いてみると
もっと深い、もっと確かな幸せがみつかりそうです。