⇧ スライドするとカテゴリーがご覧いただけけます ⇧

【ふるさとの地震】うろたえながら思うこと【能登半島地震2024】

能登半島地震。

北陸は、私のふるさとです。

今回、被害の大きい能登半島も
ドライブや行事で
よく足を延ばしたところです。

思い出もいっぱい。

 

福井、石川、富山、新潟、

報道で知る様子に
ああ、あの道だ、
あの海岸だ。

ああ、あの人の住む街だ、

と、さっきまで
驚きのほうが上回っていました。

 

今は、気が抜けて
とても悲しくなってきました。

 

今も救助活動が続いています。
天のご加護がありますことを
祈るばかりです。

目次はクリックしてご覧下さい。

不幸中の幸い

地震発生直後から
友人知人らに
あちこち連絡してみました。

 

不幸中の幸い、

連絡がついた人から
異口同音で届いたメッセージです。

 

同世代以上の多くは
SNSをしていないので
災害時はとても切ないです。

 

直接の被災者は
今のところいないのですが、

避難しているせいか
連絡が付かない人もいます

引用元:筆者のX(パール○シアワセの素@white7pearl)

 

 

友人知人から送られてきた写真は
どれもいたましく、

「これで不幸中の幸いなのか」
思うものばかりです。

 

休眠中だったフェイスブックでは
すっかりご無沙汰している
相手さまにも関わらず

気になって仕方がなくて
こちらからどんどん
安否確認連絡してしまいました。

天災に慣れていない北陸

北陸人の多くは、
天災に見舞われた経験が乏しいのです。

津波はこれまで知りませんでしたし
地震も、滅多にありません。

 

一部例外はありますが、
多くの北陸人は
自然災害をほとんど
知らないと言っても
よいのではないかと思います。

 

山があるせいか、
台風もほぼ影響なし。

北陸人の大半は
そうやって過ごしてきたのです。

 

ただ豪雪地帯なので
日頃からの用心はしており
ちょっとやそっとでは
つぶれない家屋に住んでいます。

 

ふるさとが、
地震と津波の恐れで混乱しています。

初めての揺れ、初めての避難。

透析予定だった親族も
現場が混乱してるとのこと。

川の水位が
上がってきているので、

思わぬ広範囲で
避難が進められています。

祈るだけです。

引用元:筆者のX(パール○シアワセの素@white7pearl)

 

 

が、今回は

「生まれて初めて」
「死ぬかと思った」

との言葉が出るほどです。

 

関東や関西など
建物が密集した都市部だったら
もっと多くの被害が出たかもしれません。

 

大切な人がいる

今回のことで改めて思うこと。

ふるさとには
多くの大切な人がいる。

 

当たり前のことですが
こんなときは
大切な一人ひとりのことを
思い出してしまうようです。

 


大切な人がいる、

いてくれる。

このありがたさ。

 

これが人生のすべてのように
思えます。

 


どうぞ皆様も
ご安全にお過ごしくださいますよう…

 

 

\Xで交流していただけると嬉しいです/

  \最新記事をフォローしてね/
シアワセの素 - にほんブログ村

わたくしごと「つぶやき」カテゴリー

日々のこと、ちょっとつぶやいています。
お付き合いいただけましたら嬉しいです。


 

>来世にも、つづく幸せ

来世にも、つづく幸せ

もし「死後の世界」や「来世」があるとしたら…。
「死んだらおしまい」ではない人生を描いてみると
もっと深い、もっと確かな幸せがみつかりそうです。