⇧ スライドするとカテゴリーがご覧いただけけます ⇧

「お金がない」が口癖ならスピリチュアル真実を知って今すぐできる開運を!

「お金がない」と、ふと口癖のように言ってしまうことがあるなら、おすすめの開運法法をご紹介しましょう。

この記事では、「お金がない」という口癖がある人の心理を探るとともに、スピリチュアルな視点からの解説をします。

また、「お金がない」とよく言う女性や、口癖になってしまった男性、更には「お金がない」とアピールする人などについてもとりあげます。

お金がない人は見た目でもわかる特徴もありますのでそちらもご紹介します。

記事の内容

  1. 「お金がない」という口癖の心理
  2. 「お金がない」と言う女性や男性の事例
  3. 「お金がない」とアピールする人について
  4. お金がない人は見た目でもわかる
  5. 口癖を変えて豊かさを引き寄せる方法

目次はクリックしてご覧下さい。

「お金がない」が口癖なら【スピリチュアル解説】

「お金がない」という口癖がある人の心理

1.お金に強い関心がある

「お金がない」とつい口に出す人の共通点として、「お金」に対して強い関心があることがあげられます。

パール
強い関心があるのはお金と縁がある証拠。どうせならプラスの縁に転じていきましょう。

2.欠乏感があり、不満や不安がいっぱい

「お金がない」と言うとき、その前提として「欲しいものがあるのに買えない、したいことがあるのにできない」という思いがあります。

心理的には、欠乏感が強く、不満や不安が満ちているといえるでしょう。

客観的にみて経済的に恵まれているかどうかは関係ありません。本人にとって「お金がない」ことが事実なのです。

3.自分の金銭的負担を減らしたい

人とのお付き合いには、何かと費用が伴うものです。日頃から「お金がない」と言っておくことで、そのお付き合いに対して、いつでも「不参加」を表明できるよう、予防線を張っていることがあります。

たとえば、誰かがおごってくれる気配があったり、参加費がかからないとわかれば参加しますが、参加費を負担する必要があるとわかれば、にわかに不参加となるのです。

支払い前にスッと消える人や、会費徴収を担当して自分の会費を浮かせる人にも「お金がない」と言っている傾向はあるでしょう。

これは、人間関係で大切な義理や信用よりも、自分の金銭的負担を減らしたいという意向が強く働いているのですが、本当に「お金がない」かどうかはわかりません。

いずれにしても「お金がない」人から、人は遠ざかっていくのが常です。義理や信用をおろそかにし、人との縁を粗末にしていると、お金との縁もお粗末なものになっていくので気を付けたいものです。

「お金がない」とよく言う女性

 

お金がないと不安

「お金がない」とよく言う女性の中に、服飾費や交遊、子供の教育費などには、潤沢にお金をつぎ込んでいる人を見かけることがあります。

もっともっと着飾りたいし遊びたいという様子がうかがえ、また、子供のお稽古事や進学、留学などは、自分のステイタスとなるので、財布の紐が緩むのです。

人によっては、その財布は、親や夫、義実家にと、いくつも広げて持っているケースもあるでしょう。

このような場合、第三者からは「ちゃっかり」という印象を持たれがちです。「お金がない」と言いながら、倹約しているとはいえないので、人としての品格を疑われてしまいます。

また「お金がない」と聞かされる側は、「あなたとの関係に対してお金を使う気はない」と言われていると感じるかもしれません。

ただ、劣悪な職場環境や母子家庭など、実際にお金がない「貧困女性」も増えています。倹約には限界があるので、後程ご紹介する見出しの内容、「お金がない」という口癖をやめる【スピリチュアル】のところを、どうぞご参照ください。

「お金がない」が 口癖の男性

男性の場合、経済力が社会的評価を左右する傾向は強いでしょう。そんな現代社会で「お金がない」が口癖になっている男性は、自尊心が低下している恐れがあります。

恋人や家族に対して「お金がない」と口にする場合、「お金があれば、してあげたいことはいっぱいある」という気持ちの表れかもしれません。申し訳ないという気持ちもくみ取れます。

しかし、そのような優しい気持ちがあっても「お金がない」が口癖になってしまうと、それで責任逃れができたような気になり、「してあげたい気持ち」があるだけで満足するようになっていく恐れがあります。

いつのまにか自己肯定感がどんどん低下し、更に悪くなると、卑屈や卑怯という言葉が似つかわしくなっていくかもしれません。

男性にとってプライドはエネルギーの源です。「お金がない」と口にすることで下がる自己肯定感は、女性よりずっと深刻です。

「お金がない」とアピールする人

お金がないとアピールする人

「お金がない」などと、あえて自分の弱点を相手にオープンにすることで、他の人に親近感を持ってもらえることがあります。

ただこれは「傷のなめあい」的な関係に陥りがちです。特にお金のことはインパクトがあるので注意が必要です。

発展的関係ではなく、衰退的関係ばかりが形成され、ますます「お金がない」状況になっていく恐がありますので十分に注意したいものです。

お金がない人は見た目や口癖でわかる?【スピリチュアル】

お金のない人の見た目

1.荷物

不安が多い人は荷物が多いことがわかっています。お金がないことなどで不安を感じている場合、荷物が増える傾向にあります。

「もしかしたら必要になるかもしれない」「これを捨てたら困るかもしれない」などという思いが、バッグの中の不用品を整理できず、全部持って歩くようになるのです。

2.におい

休日に何もしないと洗濯物の山

衣類や持ち物に住まいの臭いがついてしまい、お金のない人特有のにおいが生じることがあります。

生ごみをはじめ、揚げ物の臭い、手入れされていない観葉植物やペットの糞尿の臭い、劣化したヘアスタイリング剤や香水の香りなどが、いつのまにかその人の香りになってしまうのです。

そのような人からは、整理整頓や掃除、換気、健康的な食事など、快適な生活を保つための習慣が乏しいことが容易に推測され、それは、お金を管理する能力の乏しさにもつながっています。

3.ルックス

容姿の良さや流行を追い求めることは、必ずしも豊かさとは結び付きません。本当の富裕層は、意外と地味で堅実な暮らしをしているものです。

ただ長年、髪型も、メイクも、衣類も、ずっと代わり映えがせず、なんとなく時代遅れで貧相になっているとしたら要注意です。

それは、時代の変化についていけていないことを反映しているからです。変化を試さない、変化を好まないという心が、実は、衰退を招いているのです。

特に、身だしなみを整えることに関心が乏しいと、お金がない雰囲気は否が応でも伝わります。お金がないから、身だしなみを整えられないのではなく、身だしなみに無頓着でいるから、時代の流れに乗れず「お金」とも縁遠くなってしまうのです。

口癖から、一生貧乏な人生に陥りやすい思考を解説

お金がない人は、やはりネガティブな言葉を使う傾向にあります。言葉は思考を反映していますので、一生貧乏な人生にしないために、避けたい思考パターンをご説明します。

 

「お金を使いたくない」

このフレーズは、自分の支出に対して極度に慎重になっていることを示します。お金を使うことに罪悪感を感じていることもあり、必要な支出さえも躊躇することがあります。これが豊かさを受け入れるブロックになっている場合があります。

 

「もっとお金があれば」
「ちゃんとお金を儲けたら」

未来に対する期待を込めて使われるこのフレーズは、現在の不足感を強め、「今」を大切にできていない思考が表れています。「たら、れば」の仮定で考えるのではなく、今できることをすることが大切です。

 

「お金がある人が羨ましい」
「あの人はお金があるからうまくいくんだ」

他人と自分を比較することで結局は自分の自信を喪失することにつながります。羨んだり妬むよりも素直に祝福し「自分もあんな風になりたい」と前向きな気持ちを楽しみましょう。

金運にプラスの花

 

「できるかなあ、払えるかなあ、お金が心配」

常にお金の心配から物事を考えると、心の安定を失いやすくポジティブなエネルギーが滞る原因となります。

 

「どうせ自分には無理」
「この収入でやっていけない」

挑戦する前から諦めているのでチャンスを掴む力が弱まります。現状の収入を受け入れ、今の状態のままできることを地道に積み重ねていくことが やがて大きな開運につながります。自分のことなのに「無理」「やっていけない」と決めつけると気力が失われていくばかりです。

お金がない人の性格

見た目や口癖で「お金がない」ことが、人にも伝わるようになると、その性格には共通点が生まれています。前述したように、ちゃっかりしている、自己肯定感が低い、ネガティブな言葉が多いという傾向が強くなります。

ただ、本来、「お金がない」人に共通する性格というのはありません。

勇敢にチャレンジした結果お金を失くしてしまった人や、家庭や病気などの事情でお金のない人など、様々な「お金がない」人がいるからです。

ですから、お金がないことの受け止め方も様々です。お金がなくても、次のチャレンジに情熱を燃やしている人や、家族への責任感を発揮している人、人生を達観し楽観的に生きている人もいるのです。

 

ボク
でも、お金がないから、お金がないと思うんだよね。
パール
ここからは、開運の具体的な方法をご説明していきます。

「お金がない」という口癖をやめる【スピリチュアル】

お金は豊かさや喜びの象徴

お金は豊かさや喜びの象徴です。本人が「お金がない」と思い続けることが、悪い影響を及ぼすことはおわかりいただけたと思います。

「お金がない」ということ自体は、ある時点の状態に過ぎないのです。

ただ、「お金がない」と言う言葉が口癖になるほどに「お金がない」と思い続けていることが、豊かさや喜びを遠ざけていくのです。

お金を引き寄せるには

世の摂理として、同質のものが引き寄せあうというものがあります。いわゆる「引き寄せの法則」です。豊かさは豊かさを、貧しさは貧しさを引き寄せあうのです。

「お金がない」ということを何度も繰り返し思い、それを口に出すようにまでなってしまっているとしたら、それはとても危険な状態です。

「お金がない」と思うたびに、ますます「お金がない」状況を引き寄せてしまい、それを次々に現実化してしまうことになるからです。

 

ボク
「お金がない」という口癖、どうしたらやめられるんだろう。
パール
ではコツをご説明しましょう。

「お金がない」と思い浮かんだら

まずは、「お金がない」という言葉が、頭の中に浮かんだり、つい口から出そうになったら、そこでストップすることを心がけましょう。

長年慣れ親しんできた、自分の思いグセ、考え方の傾向は、意識しないと、自覚できません。

また、「お金がない」ことを具体的に表す、次のような言葉にも注意をむけてください。

「できない」「買えない」「欲しい」「我慢しよう」「あの人はいいなあ」

「お金がない」ことから派生する「不足感」が自分の中に沸いてきたら、それに気がつくことが大切です。気がついたら、そこでやめることが、豊かさを味方にする第一歩です。

「無理なく」「お金がある」に切り替える

次に「お金がある」と思う機会を増やしましょう。

 

ボク
「お金がない」のに、「お金がある」と思うのは無理だよ!
パール
それにはコツがあるんですよ。

 

最初は意識的に努力する必要がありますが、これもいずれは慣れとなりますのでご安心ください。

「無理なく」「お金がある」と思うためには、普段、当たり前のようにお金を使っていることに対して注目し、「お金がある」と再確認することから始めると良いでしょう。

例えばこんな風に再確認していくのです。

「今日もスーパーで食材が買えた、お金がある、嬉しい」
「メルカリで、ブラウスが買えた、お金がある、嬉しい」
「今日は帰りに寄り道して交通費を沢山使っちゃった、お金がある、嬉しい」

既にしていることや出来ていることに注目して、「お金がある」と確認していくのです。これなら、今と同じ経済状態で「お金がある」と思う機会を増やしていくことができます。

「お金がない」という実態

もしかしたらこれまでは

「たまにはレストランに行きたいけど、お金がない、諦めよう」
「ブランドのブラウスは何万円もする、お金がない、買えない」
「あの人、旅行に行ったそう、私はお金がない、我慢しよう」

こんなことばかりを、心の中でつぶやいてきませんでしたか。

長年かけてそんな思いを繰り返してきた結果、それを見事に、今、現実化させてしまっているのです。そう、これに気が付いたらまずは大成功です。

 

コップ半分の水

 

コップ半分の水のたとえはご存知でしょう。

コップに半分入った水をどう見るのか。
「半分しかない」「半分もある」
どちらで見るのかは、その人次第なのです。

 

お金も同様に、
「お金がない」と見るか、
「お金がある」と見るか、
どちらに注目しているか、気が付くことが大切です。

「お金がない」も「お金がある」も現実化する

「あれが買えない」
「これができない」
「お金がない」

と、こんな風に、自分には「お金がない」ことを長年にわたって何度も繰り返し確認してきたので、「お金がない」現実を生み出してきたことは、結果が証明しているのではないでしょうか。

そうであれば、試してみませんか。「お金がある」と何度も確認し、「お金がある」という思いを重ねて、「お金がある」現実をつくっていくのです。

今できている事、今持っているものに目を向ける

思いを変えるだけですので、実際、1円もかかりません。つまり

「お金がない、諦めよう」
「お金がない、買えない」
「お金がない、我慢しよう」
という確認ばかりしてきた人生を、

 

今できている事、
今持っているものに目を向けて、

「これができている、お金があるからだ」
「これが買えた、これがお金があるからだ」
「当たり前のようにしている、お金があるからだ」

と「お金がある」ことを確認する人生に変えるのです。

既に「お金がある」からできていることに注目していくのです。

「コンビニでスイーツ買った、お金がある、嬉しい」
「300円ショップで高見えアクセが買えた、お金がある、嬉しい」
「今日もシャワーを浴びた、光熱費を支払うお金がある、嬉しい」

こんな風に、注目する対象を変えてみましょう。

「不足」を見るのではなく、「満たされている」点に注目するのです。

新しい口癖「お金がある」

もし「お金がない」が口癖だったのなら、今日からは、「お金がある」を繰り返してみてください。

うっかり
「これ欲しいけど、お金がない」
ということをつぶやきそうになったら、

「でも私にはこれがある。お金があるから買えたんだ、嬉しい♪」
と、既に持っているものに目を向けてみるのもよいでしょう。

そして「お金がある」を口癖にしていきましょう。これまで当たり前だと思っていたことに注目し、豊かさや喜びを味わってみるのです。

声に出さなくてもいいので、「お金がある」を心の中で何度もつぶやいていくと、口癖になった頃には暮らしが変わっていきます。どうぞその日を楽しみにして試してみて下さい。

【まとめ】「お金がない」が口癖ならスピリチュアル的観点から改善を!

「お金がない」が口癖の人は、お金に対して強い関心がある
欠乏感や不満、不安が強い人は「お金がない」と言いやすい
金銭的負担を減らしたい気持ちが「お金がない」という口癖に表れる
「お金がない」と言う人は人間関係で信頼を失いやすい
女性は服飾費や娯楽、子供の教育費にお金を使いながらも「お金がない」と言うことがある
男性の場合、経済力が社会的評価に影響するため「お金がない」と言うと自尊心が低下する恐れがある
「お金がない」とアピールすることで他人に親近感を持たれやすいが、衰退的関係に陥りやすい
お金のない人の見た目には荷物が多い、特有のにおいがある、ルックスが貧相、などの特徴がある
「お金がない」という口癖をやめるためには、意識的に「お金がある」と感じる機会を増やすことが重要
「引き寄せの法則」を活用し、「お金がある」と思うことで豊かさを引き寄せることができる

 

この記事では、「お金がない」という口癖がどのように心理的・スピリチュアル的に影響を与えるのか、そしてその改善方法についてとりあげてきました。

大切なのは、日常の中で既にある豊かさに気づき、それをしっかりと感じることです。今日から、あなたの口癖を「お金がある、嬉しい♪」に変えてみてください。

少しずつ、あなたの心が豊かさに満ち、現実もそれに応じて変化していくことでしょう。

 

\関連記事はこちらです/

関連記事

[adcode]幸せになりたい!引き寄せの法則って、どうすればいい?感謝が大切ってどういうこと?[afTag id=2243] わかるようでわからない引き寄せの法則。難しいところはさてお[…]

\同カテゴリー記事がこの下にあります/

>来世にも、つづく幸せ

来世にも、つづく幸せ

もし「死後の世界」や「来世」があるとしたら…。
「死んだらおしまい」ではない人生を描いてみると
もっと深い、もっと確かな幸せがみつかりそうです。